美肌になるスキンケア方法

肌を綺麗にする方法はズバリ笑うことと寝ることにあります。

なぜなら、笑うと副交感神経が刺激され自律神経の乱れなどがなくなるからです。さらに、自律神経は笑うことで活発化するので、積極的に笑うことで成長ホルモンを盛んに分泌できるようになります。

自律神経が異常をきたしてしまうと睡眠時の成長ホルモンの分泌が厳かになります。成長ホルモンは肌の栄養、コラーゲンやヒアルロン酸といった私たちの肌の弾力を保持する力を肌の奥にある層の真皮に蓄えるために重要なまのです。ですので、笑えば副交感神経を刺激するので「たくさん笑うのは肌にいい」のです。

笑う門には福来るとよく言いますが、本当にそうだと言えるでしょう。

さらに、笑うとセロトニンという幸せ物質が分泌されるので、脳が勝手に幸せだと判断して、リラックス効果をもたらします。もちろん作り笑いでも脳は笑っていると完治しセロトニンを放出してくれます。私たちはストレスからでも肌が汚くなることがありますので、笑ってストレス解消するのも良いスキンケア方法の1つです。

寝ることの重要性は人間の体の仕組みにあります。実は人間の肌の栄養は「寝ている間」にしか運搬されていないのです。要するに、起きていると肌の栄養は補充せずに1日を終わってしまうのです。これでは肌は栄養も補充できない、二酸化炭素や老廃物も除去できないと、肌が汚くなってしまいます。

肌の栄養の運搬は人が寝入ったときから約3時間後に成長ホルモンが分泌されるタイミングと同じタイミングでコラーゲンやヒアルロン酸分泌されます。しかし、睡眠時間が2時間だと成長ホルモンの分泌が滞るので必然的に肌は汚くなります。

寝ることによって、肌のあらゆる栄養と老廃物を交換していくことができるので、3時間以上の睡眠を心がけましょう。

それに加え、洗顔方法ですが、絶対に28度前後のお湯で顔を洗いましょう。

なぜなら、35度以上のお湯ですと肌の天然保湿成分であるセラミドという物質が蒸発してしまうからです。

よって、乾燥肌の原因となりますので、気をつけましょう。

以上がオススメのスキンケア方法でした。