痩せるために「随伴性のワナ」から抜け出せ!

糖質制限の実践を邪魔するものがある。それが、心理学で言う「随伴性のワナ」である。

「随伴性」とは、人間の行動や出来事が、別な行動や出来事と結びついていることを意味する。

例えば、人がお酒を飲むという行為は、単にアルコールを摂取したいからではない。それは、食事を美味しくしたり、ストレス解消になったり、人とのコミュニケーションを保ったり、夜、寝る前の儀式であったりする。

では、同じことをアルコールの力を借りなくても出来ないか、考えてみよう。例えば、ストレス解消が目的なら、ビールではなく、糖質ゼロのビールテイスト飲料だっていいはずだ。

また、職場でのコミュニケーションなら、仕事中にいくらでも深めることが出来る。夜、寝る前に運動して、身体を動かすだけでも、アルコールを飲む必要がないかもしれない。もちろん、本物のアルコールの力が必要な時は、その力を借りればいい。

しかし、人は往々にして、この「随伴性のワナ」に引っかかって、本当に必要でない時まで、アルコールをついつい口にしてしまったりする。だが、本当に必要なのは、その三分の一にも満たないだろう。残りは、まさに「随伴性のワナ」にはまってしまうパターンである。

従来の人間関係のパターンを壊さないようにするために、本当に必要がない場合でも、無理に行ったりすることが多いのだ。その結果、自分で環境や習慣を支配するのではなく、つい環境や習慣に支配されてしまうようになる。

糖質制限を始めると、それまで自分と関係を持つ相手役につい合わせて、その結果、振り回されてしまっていた人も、自立し、自分の判断である程度、行動を選択するようになる。

その結果、人は、あの人は冷たくなったと離れていくだろうか。むしろ逆だ。

糖尿病でそれほど血糖値が上がっているなら、あるいはメタボで不健康になっているなら、それを是正した方がいいと誰もが思うはずである。

そして、その実践のために、勇気を持って、立ち上がったあなたを応援してくれる人こそ、本当に付き合うべき友であり、人間関係を保ってもいい人々である。

そういう人達とは、限られた機会の中でも、積極的にコミニュケーションを取る機会を持とう。

そして、本来は不必要なのに「随伴性のワナ」に引っかかって、ついつい無駄な飲酒や飲食を行っている機会をできる限り減らした方がよい。

私も、糖質制限する前と後とでは、周囲の人間関係が大きく変わった。そして、「絆」が濃くなった人とは、更に濃く結びつている。