ダイエットを挫折してしまう悪しきパターン

人は誰も新しいことを始めると、最初は目標になかなか達成できず、自分で困難を克服しようという活力が失われがちだ。これが心理学でいう「勇気くじき」の悪しきパターンである。

人は、目標のハードルが低いと、簡単に目標に到達出来てしまうので、つい物足りなくなる。だが、逆に、ハードルを高く設定し過ぎても、何度トライしても達成出来ないため、前に進もうとする「勇気」を見失ってしまうことになる。

これまで、ダイエットなどに失敗してきた人には、こうした「勇気くじき」を自分で行ってしまう人が多いためである。

そして、「達成出来ない部分」を指摘されると、家族や周囲に当たり散らしたり、つじつま合わせの回答をして、その場を回避しようとしてしまう。その結果、また前に進む「勇気」を見失ってしまう。

何故、自分がダイエットできなかったのか、何故、糖尿病になってしまったのか。その理由を探すことは、病気の解説にはなるが、解決、すなわち治療には決して結びつかない。

メタボや糖尿病になってしまったら、なったことは仕方が無い。大切なのは、そこからどう脱出するかだ。

それには、自分のここが問題だった。ここがいけなかったという犯人捜しより、未来志向で勇気を持って、そこから脱出するための正しい行動を取ることが大切だ。

心理学では、「習慣」とは「無自覚的器用さを伴ったパターン化した行動」と定義されている。

つまり、お酒、たばこ、早食い、衝動買い、夜更かし、朝寝坊…等々、本人は気付かずに同じような行動を繰り返してきた。だから、無自覚で、器用にできていて、パターン化しており、快適で違和感がない。つまり、ダメな習慣でも、それが心地よい理由である。

ところが、無理に「新しい生活習慣」を始めると、慣れていないため、不快で、違和感を感じ、生活のパターン化も出来なくなる。

だが、自分の未来を変えると言う勇気を持って、自分の欠点を自覚しながら、不器用でも良いから、新しい習慣に慣れるまで続ける。

これには、多少の勇気が必要だが、次第にその不快さにも慣れていくにつれ、違和感も感じなくなる。そうすると、糖質制限することが、新しい生活習慣となっていくのだ。