マカダミアナッツオイルは良いです。

年齢とともに、肌の柔らかさや水分量が減ってきているのを実感しています。

そのため、スキンケアをする際、基礎化粧品には結構お金をかけてきました。

けれど費用対効果を考えると、正直ううん……という感じです。効いているのか効いていないのかいまいち実感できないものも多いです。(´Д`;)

それもあって、最近は安価に効果が見込めそうなものを試しているところです。

今のところの一押しは、マカダミアナッツオイルでしょうか。

このオイルの良いところは、人間の皮膚に存在するパルミトレイン酸が多く含まれている点です。加齢とともにパルミトレイン酸は減っていくので、補給することでアンチエイジングに効果を発揮してくれます。

しかも、このマカダミアナッツオイルは肌への浸透力が高く、バニシングオイル(消えるオイル)とも呼ばれています。実際、使ってみて感動した点はそこでした。

一瞬ですっと消えるわけではありませんでしたが、使用した次の日の朝、肌の感じが明らかに違う!! するっするのふわふわでした。

この年齢で赤ちゃん肌のような手触りを体験できるとは思いませんでした♪(´∀`*)

洗顔後のケアで使っているときは、正直、「本当に消えるオイルなの? ぬるっと残ってるんだけど」とか思ってしまっていましたが、これだけ体感出来るのであれば、確かに肌の中に浸透しているのでしょう。

また、このオイルは、最後のフタだけでなく、化粧水の前に導入として使えたりするのも魅力的です。ヴィークル効果という効果だそうな。

確かに普通に使うよりも、オイル→化粧水→乳液→オイルの順で使った方が、しっとりした仕上がりになりますので、私も最近はもっぱらこの順序で使っています。(`・ω・´)

自然品なので、添加物などの心配も一切なしという点も心強い。

しかも、冒頭に書いたように、高級なブランドもののオイルやクリームみたいにお高くないんです。そこもポイント高い。どんなに良いものであっても、続けられなければ意味がありませんからね。

というわけで、安価で効果の高いスキンケア用品として、今の私の一押しは俄然マカダミアナッツオイルなのです!

 

愛犬の耳掃除

我が家の愛犬は大事な家族の一員です。愛犬は散歩が大好きなので毎日の散歩は必ず連れて行きますし、毎回の食事にはサプリメントを混ぜたり好物をドッグフードにトッピングする等してしっかり食べて貰うように工夫しています。シニアと呼ばれる年齢に差し掛かった愛犬の為に、散歩や食事以外にも毎日決まった時間に薬を塗布すると言う事も日課になっています。

愛犬に関する事で日課になっているのはこれだけではありません。私にとってマイブームになった事が、結果的に日課の一つとして加えられた事があります。そのマイブームとは愛犬の耳掃除です(^ ^)

愛犬は垂れ耳なので、どうしても耳の中が蒸れ易く汚れが溜まり易い性質です。その為子犬の頃から外耳炎との付き合いが長く、頻繁に獣医さんに通って綺麗に処置して貰っていました。その処置とは、耳の中に直接洗浄液を流し込むと言う方法で、自宅でも同じようにして貰えればわざわざ病院に来る手間が省けると言われました。しかし私はどうしても耳の中に液体を流し込むと言う事に抵抗があって、何度も試そうとしましたがなかなか踏ん切りが付かずにいました(> <;)

そんな時、散歩仲間に「意外と簡単だから大丈夫!」と背中を後押しして貰った事が切欠で、ついに愛犬の耳の中に洗浄液を入れる事が出来ました。最初はとても怖かったですが、実際にやってみるとスムーズに出来ましたし、愛犬も洗浄液を入れられた後は自分で耳をブルブルと動かしスッキリとした表情になっていたのでホッとしました。ブルブルした後はコットンで浮き出た汚れを拭えば、耳掃除は完了です(^ ^)v

抵抗があった愛犬の耳掃除が出来るようになったこの日を切欠に、私は自信が付いたのか毎日のように愛犬の耳の状態をチェックして掃除するようになり、その後すっかりマイブームとなってしまいました。ただし耳の中に洗浄液を入れるのは、よっぽど汚れが酷い時に限られるので、そうでない時はコットンに洗浄液を含ませて耳の内側を拭いています。
苦手に感じていた事が出来るようになって、今では得意だけに留まらずマイブームとなった事は素直に嬉しく感じています。これからもマイブームである耳掃除を適度に行って、愛犬の健康をしっかり守って行きたいと思います(*^ ^*)

 

美肌になるスキンケア方法

肌を綺麗にする方法はズバリ笑うことと寝ることにあります。

なぜなら、笑うと副交感神経が刺激され自律神経の乱れなどがなくなるからです。さらに、自律神経は笑うことで活発化するので、積極的に笑うことで成長ホルモンを盛んに分泌できるようになります。

自律神経が異常をきたしてしまうと睡眠時の成長ホルモンの分泌が厳かになります。成長ホルモンは肌の栄養、コラーゲンやヒアルロン酸といった私たちの肌の弾力を保持する力を肌の奥にある層の真皮に蓄えるために重要なまのです。ですので、笑えば副交感神経を刺激するので「たくさん笑うのは肌にいい」のです。

笑う門には福来るとよく言いますが、本当にそうだと言えるでしょう。

さらに、笑うとセロトニンという幸せ物質が分泌されるので、脳が勝手に幸せだと判断して、リラックス効果をもたらします。もちろん作り笑いでも脳は笑っていると完治しセロトニンを放出してくれます。私たちはストレスからでも肌が汚くなることがありますので、笑ってストレス解消するのも良いスキンケア方法の1つです。

寝ることの重要性は人間の体の仕組みにあります。実は人間の肌の栄養は「寝ている間」にしか運搬されていないのです。要するに、起きていると肌の栄養は補充せずに1日を終わってしまうのです。これでは肌は栄養も補充できない、二酸化炭素や老廃物も除去できないと、肌が汚くなってしまいます。

肌の栄養の運搬は人が寝入ったときから約3時間後に成長ホルモンが分泌されるタイミングと同じタイミングでコラーゲンやヒアルロン酸分泌されます。しかし、睡眠時間が2時間だと成長ホルモンの分泌が滞るので必然的に肌は汚くなります。

寝ることによって、肌のあらゆる栄養と老廃物を交換していくことができるので、3時間以上の睡眠を心がけましょう。

それに加え、洗顔方法ですが、絶対に28度前後のお湯で顔を洗いましょう。

なぜなら、35度以上のお湯ですと肌の天然保湿成分であるセラミドという物質が蒸発してしまうからです。

よって、乾燥肌の原因となりますので、気をつけましょう。

以上がオススメのスキンケア方法でした。